MUSCLE&BEAUTYが提案するフィットネスライフ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「最小不幸社会」

 菅首相の所信表明演説の中に
「最小不幸社会」
という文言がありました。

 なんと閉塞的で暗く消極的
“希望のかけらも無い日本社会”
を想像してしまいました。

 税金を生活困窮者や失業者にもっとまわして(福祉?)
格差を無くす、ということでしょうか?

 福祉は成長分野ではありませんね。 
「強い経済」をめざすという目標とは逆の使い方ですね。

 新しい分野の産業
(宇宙・航空・リニア・防衛・海洋開発・新エネルギー・・・)
に投資して企業の成長を促し雇用を拡大させる。
          ↓
生活困窮者や失業者が減り福祉分野への税金投入が減る。
          ↓
企業が元気になれば税収(法人税・所得税)も増える。
          ↓
       「財政立て直し」

 これは幸福実現党が、
昨年の衆院選の時から掲げている財政再建メニューの一部です

 他には、

・贈与税、相続税の廃止
・証券税制ゼロ
・早期の所得税・法人税の低税率フラット化実現

 「えー、大丈夫なのー?」
と誰もが感じることと思います。

 >>>財政赤字だから増税するというのは、
 >>>赤字企業が何の努力もせずに商品の値上げをするのと同じです。
 >>>大胆な減税と規制緩和で高度成長を実現する事こそ、
 >>>財政再建の一番の近道

  幸福実現党の黒川白雲政調会長がこのように力説しています。

 昨年の衆院選から幸福実現党の掲げる政策は、
一貫していてぶれているところがありませんね。
しかも本当に具体的で解りやすい、筋道が通っている。

 本当の保守政党は「幸福実現党」ですよ。
みなさん、しっかりと確かめ判断しましょう。         Body Art



 










スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://muscleandbeauty.blog42.fc2.com/tb.php/73-9dbb927f

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。