MUSCLE&BEAUTYが提案するフィットネスライフ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Muscleの飛躍

 ここ3日ほど西高東低の気圧配置だそうで、早くも電気ストーブにあたっています。

 去る10月24日、浜松市の新橋体育館にて“浜松市ベンチプレス大会”が開催されました。
当ジムからは6名の選手が出場、皆さん気合い十分で大いに盛り上がりました。
 
 56キロ級   佐藤 好孝選手・・・90キロ/2位
 60キロ級   岡本 吾朗選手・・・85キロ/2位
 67.5キロ級  中野 正太選手・・・110キロ/2位
          中村 和久選手・・・100キロ/3位
 82.5キロ級  溝口 保央選手・・・140キロ/1位
 90キロ級   後藤 文孝選手・・・130キロ/2位
 

 打ち上げで行ったお好み焼屋さん、美味しかったですね

 何といっても ベンチプレスに火をつけたのは、
今年の“静岡県ベンチプレス大会”75キロ級で優勝した

石川 雅人選手 です。
雅人君の、トレーニングに対する直向きな姿勢は
ジムの仲間の心に(耳に?)響くのです。

 それにしても、
「来年は皆で出ましょう!」
と、去年のこの大会で大いに張り切っていた

 盛岡 和継君!
   
 言い出しっぺの盛岡君が見学者かい?  「コラ」             Body Art

 
















粟井先生逝去

 10月3日AM5時54分、「男前・粟井直樹先生」が逝去されました。
折しも “2010年 全日本ボディビル選手権大会”が執り行なわれる当日でした。

 去年の今頃は私、まだ岡山に通っていましたねぇ・・・。
でも、いつも発熱と腹痛が体から離れる事が無いご様子でした。
コーヒーとタバコは欠かさず、でも食欲は皆無といってもいいくらい、
例えばうどん数本しか食べられない・・・。

「医者にかかれば本当に命に関わる病気やと思うよ・・・。」
と、先生は自分の病気が“癌”だということは分っていましたね。
それでも“信じる心”が勝っていたのです。

でもね、なぜ神は人類に医学の発展を認めたのでしょう?
人類が様々な分野で発見・発展をしていくのは、神の求める人間の姿。

医学を受け入れていただきたかったです。
まだ56歳、早すぎますよ・・・。

剛さんが

「粟井さんのことだもんで、

  『(大阪弁で)オイ!後藤君!なんやー、おまえら俺がもーダメやと思ーてたやろ・・・!。
  アホかー。俺はそんなんちゃうでー!ええがげんにせーよー。』

って、俺 来ると思うやぁ・・・そんな気ーしん?するらぁ・・・?」

と、話して二人で笑った事もありました。

いつも自信に満ちて前向きだった粟井先生、
「さようなら・・・
ご冥福をお祈りします。道に迷わずちゃんと天国へ行ってください。    Body Art    







 

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。