MUSCLE&BEAUTYが提案するフィットネスライフ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲子園出場は?

 雨で予定がだいぶ変わってしまった地方大会でしたが、いよいよ本日決勝戦です。

 延長戦を、粘り強く気迫で投げ抜いた庄司君を擁する“常葉橘”にもがんばってほしいですが、なんといっても 地元の子たちだけで頑張って勝ち上がってきた“浜名高校”を私は応援したいです。

 13:00プレーボール!!!ナイスゲームを期待します

高校野球応援団

 次男の少年野球をきっかけに、ゲームの“おもしろさ”“驚き”“感動”にはまってしまいました。
ここ数年、毎年「夏の全国高校野球選手権大会」を観戦しに行っています。
カンカン照りの中、ビールを飲みながら1日4試合観るんです。1年間でチョー最高のシーズンです。

 少年野球・中学野球とがんばっていた次男はちょうど1年前、悪夢の“右有鈎骨骨折”、今年3月に入ってやっと素振りが出来るようになりました。
今年4月、次男は7年前甲子園出場を果した興誠高校に入学、毎日汗まみれ泥まみれでがんばっています。

 さて、高校野球といえば花の応援団ですね。 
私は毎年甲子園球場へと足を運ぶうちに、スタンドで応援団といっしょに応援をするのが“夢”となっていました。その夢がついに今年叶ったんです。

 私は、かなり気合を入れて声援を送りましたよ。体中の血液が腹筋に集まって?頭がクラクラするんです。
「かっ飛ばせー○○・・・!」ってね
そうすると、前に座っていた女子生徒たちが笑ってこっちを見るんです。
「コラコラ応援に集中してくれるー。」

 応援していると、気になるのが相手校の応援です。
興誠高校は、残念ながら3回戦で敗退してしまったのですが、2回戦で対戦した「浜松北高校」は素晴らしかった

 応援席に一体感があり揃っている。何といっても応援団の差し出す腕の角度がいっしょ、斜め45度か・・・?そして、バリエーションに富んだパフォーマンス、中でもイナバウアーもどきのあの反りと開脚は圧巻でした!
 やはり優秀な頭脳を持つ生徒ばかりなので、野球の盛んな、例えば 「早稲田大学」「慶応大学」などの東京6大学に進学する生徒も多く、そういった先輩方からの手ほどきがあるようですね。

 慶応と言えば、去年の夏、慶応の応援で甲子園球場が地震で揺れているようでした。
勝利を称える校歌、スタンドの至るところにOBがいて、みーんな起立して体を揺らしながら歌うんです。心から誇らしげに・・・

 球児達のプレーに感動し、OB達の愛校心に感動したメモリーです。

 さあ、今年はまだ梅雨が明けずに地方大会が滞っている状態ですが、またまた感動を期待しています。                                                Body Art
















 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。